【やっと稲刈り】 今年も稲刈りが進化

10月末日土曜日、雨が今にも降り出しそう
な寒空の中、
娘と二人で遅い稲刈りの為、田圃へ向かった。
小鳥好きの娘は、烏骨鶏のヒナに会える事を
とても楽しみにしていた。

白いヒヨコの頭のフサフサ、子供ながらに
大人並みのフサフサが癒し系である。でも、

孵化から一週間が過ぎているので、可愛力が
減少し、生意気盛りになっているかも?

田に着くと、自然農法仲間のお隣さんも丁度、
稲刈りをして、ハザ掛け作業をしてる最中で
あった。

我ら同志の田圃だけが、刈り残されていて
周囲から目立っていた。

刈取りの済んだ後の、イナワラのいい匂いと、

葉っぱが落ちて、赤い実だけが異常に目立つ
柿の実の様相が、、渋柿か甘柿かは別にして、

「今年も秋が来たんだぞ」と、
多忙の中で季節を見逃しがちな私に諌言する。

正当派農法では、稲刈り後、脱穀、籾摺りの
為に、稲を乾燥させなければならない。
(機械化すると特にその手間が必要とされる)

その為、「ハザ」という物干し竿の様な物を
立てて、それに刈り取った稲を逆さに掛けて、
乾燥させる。

しかし私の田圃は、省力化を極める農法、
(つまり手抜き)なので、ハザを作る為に、
竹を切って集める作業もやりたくない。
だって、これがまた結構、重労働!

なので、ハザ立て省略、竹取り省略をする為、
稲穂をギリギリまで放ったらかしにして乾燥!
もちろんその最中に雀害に会う可能性は高い。

昨年同様革新派農法なので、鎌で稲の根元を
刈るという本道はやらない。
(娘はこれをやりたかった様だが) 邪道を
誇り、穂先だけを鋏でチョキチョキする。

エジプトの壁画に「穂」だけ刈り取る絵が
有ったので、それに習う。三千年前は正道だ。

しかし新しい刈取り方法を発見した。
手袋を嵌めた手で、稲穂をしごくと、
綺麗に稲粒が掌の中に残るではないか。
稲刈りをせずに脱穀が出来るという塩梅だ。

帰り道、何故か満開の桜に出会った。
珍しいとパチリ!

娘が生まれた日もソメイヨシノが満開だった。

画像


 小田急相武台前駅徒歩5分
 キリーク整体指導院、青木院長


自宅でがん検査 http://bit.ly/1c1R27F
B型肝炎・C型肝炎・糖尿病・メタボ・HIV・性病なども

 無料ヒーリングはこちら 
 メルマガ始めました 

モルジブ旅行日記(アンガガリゾート)
画像


※ブログランキングに参加しました※
下のバナーをクリックすると
15分間あなたにレイキパワーが注がれます。


  人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 クリックしてね
 fc2ブログへ
特に構えず、普通にしていて結構です。
また、15分間はあなたはレイキヒーラーとして、
気になる人や物へ気を送る事も出来ます。






ペットの医療費の80%を保障

ペットの医療費の80%を保障

ガン・メタボ・糖尿病・肝炎・エイズ・性病の在宅検査キット



在宅郵送検査キット



医師の転職ならリクルートドクターズキャリア

医師の転職ならリクルートドクターズキャリア







豪華商品が当たる!

総額300万円が当たる!!

クリックで救える命がある。

この記事へのコメント

2015年11月04日 10:17
先生、ご無沙汰しております。いつも気持ち玉ありがとうございます。2ヶ月ばかりさぼってしまいました。
米作りまでやられておられる事に驚きました。色々な挑戦も健康維持への道ですね。
のんたろう
2015年11月04日 21:32
稲を育てているんですね!自分の田んぼで作ったお米は美味しいですか?味はともかく、安心して食べられるというメリットはあるんでしょう?朝昼晩と何でも美味しく食べられることが重要かな!でも、食べすぎると良くないですねえ~
2015年11月04日 21:41
ご自分で、無農薬の自然農法を実践していらっしゃるのですか。
それは大変ですね。
でも美味しそうです。
mimi
2015年11月07日 11:39
ユニークな稲刈り、思わずニンマリ、収量は如何でしたでしょうか? 美味しい新米だったことでしょう。
気持ち玉有難うございます。
                 mimi
2015年11月09日 21:40
いつも気持ち玉をありがとうございます。

とても合理的なお米作りに感服しています。
原始その物と言うところが私の琴線に合致して、頭の中がキンキン鳴り響いています。(笑)

因みにこの米作りでは一反当たりの歩留りはどれくらいになったのでしょうか。
もう新米はお口に入りましたか?
さぞ美味しかったことでしょう。
一粒でも疎かには出来ませんね。
2015年11月11日 10:28
てっとう虫さん有難う御座います。
無農薬で昔ながらの方法でお米を育てたいと思い、始めたのですが、機械に頼らないという事は大変な労力を必要としました。
お米の有り難さが身にしみました。
2015年11月11日 10:29
のんたろうさん有難う御座います。自分で作った物は少々出来が悪くとも美味しいですね~。感慨深いものです。
2015年11月11日 10:29
さよさん有難う御座います。農家の苦労が分かり、勉強になりました。
2015年11月11日 10:29
mimi さん有難う御座います。私もご飯を食べる時に、米粒が自分が育てた子供の様に思え、思わずニンマリしてしまいます。
2015年11月11日 10:30
きょんばさん有難う御座います。刈り取りが終わると今度は籾摺作業なのですが、籾摺機の調子が悪いので、臼と杵で籾摺りをしようかなと考え中です。
なかなか口に入るには至りません。その分有り難味がありますけど・・・

この記事へのトラックバック