テーマ:教育

【免許返納特典】 北海道は手厚くして欲しいなぁ

八十歳を過ぎた年寄りが、九十歳を過ぎても 自動車を運転している仲間に対して、 すごいねーと尊敬の眼差しを送る。 年寄りの運転事故が世に取りざたされている のに、全く意に介さない。 免許返納は考えていないと言う。 その理由を聞くと、 「だって、歩いて転ぶと危険じゃない」 そうか冬道は滑るしね。 これからは自動…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

【いじめ対策】 コミュニケーション能力

自分より強い人から攻撃を受けた場合の三つ の対処法。 1つはぶつかる。 2つ目、いなす。 3つ目、理解する。 1.ぶつかる 相手の攻撃に対して、反撃する。 殴られたら、殴り返す。 殴られる前に、殴りつける。 これは力の強い方が勝利する。 2.いなす 相手の攻撃をかわす。対戦を避ける。逃げる。 しかし一度攻…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【置き勉とは?】 文科省の変な通知

私がウィンドウズマシンを手に入れた頃、 娘は小学校低学年だったが、 このPCのソフトを授業に活用すれば、 努力せずとも楽しんで成績が上がるし、 教師の作業の負担も軽減すると直感し、 これからの学校教育は変わるぞと、 わくわくしたのを思い出す。 しかしそれから二十年経っても、何も 変わっていない。 妻によ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

【叱らない教育と褒めない教育】 のススメ3

では「褒めない」とすればどう教育すれば 良いか。 私がお勧めするのは「喜ぶ教育」である。 良い行動をした時、悪い行動をしなかった時、 さりげなく喜びを表そう。 「うれしい」「ありがとう」と言おう。 子供は親の喜ぶ顔を見るのが好きだ。 子供は親を喜ばす事が好きだ。 それは更に時を経て、親だけにとどまらず、 人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【叱らない教育と褒めない教育】 のススメ2

もう一つ「褒める教育」の重大な弊害。 それは、褒められると嘘つきになってしまう という事。 本当はしたい事が有るのに、それをしない事で 褒められると、 自分はそれをしたくないのだと、自分の本心を 押し殺してしまう。 自分に嘘をつく嘘つきになってしまう。 他人に嘘をつくのはいい。 誰でも人を喜ばす為に日常的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【叱らない教育と褒めない教育】 のススメ1

子供を叱ってはいけないと言うと、では 褒めればいいのですねと言われる。 褒めておだてて、親の望み通りに子供を コントロールするテクニック。 これは所謂「褒め殺し」と言って良い。 それは子供の自主性を殺す、個性の殺戮だ。 「自主性」とは、敢えて言う必要もないが 「自分の行動を自分で決める能力」である。 子供に良い行…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【叱るか、怒るか】 子供のしつけ

子供の教育に於いて、「叱る」も「怒る」も 勿論、お勧めはしていないのであるが、 私は世間一般とは違い、叱るより怒る方が まだ良いと思っている。 何故なら、叱るというのは他動詞であり、 相手が必要な行為。 怒るというのは自動詞で、相手は必要なく、 自分一人の行為であるから。 叱るというのは相手に対しての干渉を意味 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【欲望の起源と宗教の発明】

我々の祖先がまだ言語を獲得していなかった 頃、我々は自然の法則に従って生きていた。 朝、太陽が昇れば目覚め、お腹が空けば、 食べ物を探す。 しかしそこはエデンの園とは違い、弱肉強食 の厳しい世界。 木の実、草の実が採れない季節が来ると、 飢えて命を落とす者も出る。 猛獣に襲われたり、事故に遭ったりして命を 失う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【お釈迦様の武術】 ワンネス、合気の源流

九十九人を殺した殺人鬼アングリマーラーが 百人目の獲物にと、お釈迦様に切り掛かった。 しかしその刃物は何度切りつけてもお釈迦様 に届かない。 焦った殺人鬼は「ちょこまかと動くな」と叫 んだ。 それに対しお釈迦様は 「私は動いていない。生きとし生けるものに  対する害心を捨てて停まっている」  動いているのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【老人の取扱説明書】 年寄り笑うな行く道じゃあ

新聞広告で「老人の取扱説明書」という本が ある事を知った。 老人の困った問題行動も、それなりの理由が 有るので、それを理解する事により、適切な 対処が出来るとの事。 それにより老人に対してイライラする事も減 り、優しくなれるらしい。 考えて見れば、子供が生まれた時、古今東西 の育児書を読み漁り、大いに勉強した。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【春の便り】 北海道はそろそろ啓蟄

暖かくなってきたので、家の中に小蠅が飛ん で煩わしい。 アブラムシが羽を付けて飛んでいるという事だ。 どうやって退治しようかと考えていると、 「シュー」と窓辺の鉢植えにしきりと殺虫剤 をかけている。 ストーブを焚いていて、ただでさえ換気の 悪い部屋の中で薬を撒く行為に驚いた。 「健康の為に無農薬の野菜を買っても、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【シェーン】 名作映画で学ぶ英会話

厳しい大自然と牧場主の横暴に苦められ乍ら も懸命に生きるジョー一家。 その前に現れた流れ者のガンマン、シェーン。 寡黙なガンマンが少年と心を通わせていく 過程や、ジョーの妻マリアンとの淡い慕情を 描いた人間ドラマ。 クライマックスで彼と対決する殺し屋 ウィルソンを演じたジャック・パランスの 演技も見どころ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【風と共に去りぬ】 名作映画で学ぶ英会話

監督ヴィクター・フレミング 主演ヴィヴィアン・リー クラーク・ゲーブル DVDをレンタルして、英語教材を作成し、 youtubeにアップしたのだが、 一日と経たずに著作権違反として公開禁止と されてしまった。 自動で著作権違反を監視しているのだろう。 GoogleのAI機能恐るべし。 しかし、パブリックドメインつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【シャレード】 名画で学ぶ英会話

(Charade 1963年)主演ケーリー・グラントと オードリー・ヘプバーンの恋愛サスペンス映画。 スキー旅行先で、富豪の夫チャールズとの 離婚を決意したヘプバーン。 旅行からパリの自宅に戻ると、家財道具一切が 部屋から持ち出されており、夫の姿も見えない。 そこへ、警察よりチャールズの死を知らされる。 実は、夫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【春一番と初雨】 札幌にも春が訪れました

日本列島に春の嵐が吹き荒れ、北海道は 猛吹雪となり、 多くの電車、飛行機が欠便となった。 風が止むと気温は上がり、雪は雨と変わり、 今年初めての札幌の雨となった。 今日の最高気温は8度だそうだ。もちろん プラスの8度。 口では「もう春だね~」と言うが、目の前 にはうず高く積み上げられた雪の山。 まだまだ一月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【名作映画で学ぶ英会話】 チャンネル登録お願いします。

名画をキャプチャして英語教材を作りました。 第一作はニコラスレイ監督「King of Kings」 サンプル版なので、イエスの「山上の垂訓」 場面だけの抜粋です。 セリフの有る部分だけに濃縮したので、 効率的に学習が出来ます。 https://youtu.be/pZATY5dsJy4 次回からは長編の作成予定です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大母音推移】 フォニックスの欠点

「どうせ戦争に勝って日本語が共通語になる んだから、英語なんて勉強する必要ないんだ よ」。戦時中の一場面。 残念ながら敗戦となり、共通語は英語になっ てしまった。 英語は名詞に煩わしい性別がなく、文法も しっかりしてるので相手に意思を伝えるには 便利な言語だ。 しかし綴りと発音が一致しない欠点がある。 母国…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【まだまだ出来る】 Windows10無料アップグレード

PCの調子が悪くなったので、Windows10に 7からアップグレードしてみる事にした。 調子が悪くなったのはアップグレードさせる 為のマイクロソフトの陰謀かと疑ったが、 仕方がない。 まあ無料で出来るので試しにやってみようと やり方を調べると、なんと、 昨年で無料アップグレードは終了している らしい。 有料な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【幼児は算数を学びたがっている】 グレン・ドーマン

グレン・ドーマン医師は脳障碍児のリハビリ で、ある程度成功を収めたのだが、 そのカリキュラムを健常児にも適用してみる と、大変良い結果が得られた。 「レインマン」という映画にサヴァン症候群 の人間が、優れた記憶力、計算力を披露する シーンがあるが、 その能力が障碍者特有の物ではなく、健常者 にも有るという事をグレ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【新世界より】 ウィンターキャンプで寒さを楽しもう

「今日は最高気温3度だよ」 北海道の人間は冬は気温にマイナスを付けな い。 降り積もる雪の日、買い物に出掛けた。 傘を持つ自分に何か違和感を感じる。 北海道の人間は雪が降っても傘をささない。 湿気を含まないパウダースノーで濡れないか ら。 軍手の上に大きめの手袋を嵌めて雪かきをし たが、軽い凍傷に罹り、指が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【独我論の数学的証明】 宇宙の実態を暴く

この世界は平らで、物を落とせば下に落ちる というのが常識だった時代が有った。 しかし世界は丸く、地面の裏側にも人が住み、 そこでは物が下から上へと落ちるという事が 現在は常識となっている。 太陽が東から昇り、西へ沈むのは、太陽が 回っていると思われていたのだが、 実際は地球が回っている事が分かった。 空の星は天蓋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【O歳からの受験英単語】 バイリンガルの危険性

英語が世界共通言語である事を否定出来ない 時代になってしまった。 いやがおうにもこれからの若者は英語を使い こなさなければ不自由する。 技術の発展により世の中のグローバル化は進 み、狭い日本の中で言語的鎖国状態でいる事 はもう出来ない。 頑に外国語の早期教育を拒んでいた文科省も 遂に白旗を上げた。 昔は努力して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【新元号に霊の文字】 世界に敬愛される国となる為に

「霊」という文字の構成は雨乞いする巫女 から成り、天からの恵みの雨、神の慈愛を 表現している。 尊い神性を表現する時に使われる。例えば、 神聖な山 → 霊峰。 非常に優れた物 → 霊長。 不思議で人智では計り知り難い事 → 霊妙 という具合だ。 平成の時代は金・物質万能主義が否定され、 全国民が大いに考えさせら…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

【北海道命名150年】 松浦武四郎とアイヌ民族

三十年振りに北海道に戻ってみると、毎日の 様に新聞やテレビでアイヌ民族のニュースを 目にする。 天は私を北海道に呼び寄せ、アイヌ問題を やれと言っているのかと思った。 しかしそうではないようだ。東京に居た時は 全く目にしなかったアイヌという言葉はこち らでは普通に溢れている。 逆に北海道でこれほどポピュラーな民族…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【ハンドパワー】 遠赤外線効果か

胃の部分に手を当てていると「どうしたの。 おなかいたいの?」と聞かれる。 肩に掌を当てていると「肩凝ってるの?」と 聞かれる。 えっ。どうして分かるの?と問い返すと、 「だって、手を当てているじゃない」と。 そう。掌にはヒーリング能力が備わっている のだ。 誰でも、万人が持つ当たり前の能力なのだ。 所で、他の動…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【児童手当に試験制度導入】 育児が義務教育に

必ずリハーサルをしてから、コンサートに臨む。 教習所内で学科と実技をしてから、路上に出る。 小中の義務教育を終えてから、社会で働く。 なのに、育児だけはぶっつけ本番。 だから殆ど全ての親が、子育てに失敗する。 それでもあまり問題にならないのは、子供達自身 の努力が有ってこそである。 それを認識しなければならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「有った」「無かった」】 は数学的な考察が必要ですね

「有った」「無かった」この相反する主張の 真偽を確かめるのは難しい。 それは「多数決」の様に、どちらかの主張が 多ければ、 それだけで真実を表わしているとは限らない からだ。 何故なら「無かった」より「有った」と主張 する方が影響が強いからだ。 「有った」「無かった」を論議する場合、 「無かった」は全く「有った」よ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【英語教育】 古代日本人の強かさ

古代の日本人は国際感覚に優れていた。 大戦に負けて内に引き篭ってしまった戦後の 日本人とは大いに違う。 当時の国際語である中国語の学び方も卓越し ている。 古代のエリートが中国語を学ぶ為に先ず何を したかというと「発音記号」を発明した。 それが「仮名」だ。 仮名は発音を記すだけではなく、意味を記す のにも使…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【英語教育】 古代日本人と国際語

現代の国際語である英語の早期教育の必要性 を前回述べたが、 日本人は大昔から国際語の重要性を現在より 極めて認識していたといえる。 日本最古の古典、古事記、日本書紀を読むと 当時の日本人は、現在に劣らぬ程、積極的に 海外で活躍していた事が解る。 当時の国際語、つまり中国語を学び、 朝鮮半島へも国を挙げて進出してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【英語教育】 鉄は熱い内に打て

英語は現在、完全に国際語となってしまった。 これを抜きに、世界で活躍する事は出来ない。 これから益々世界は狭くなり、日本の中だけ の活躍だけでは、物足りないと思う事が増え るだろう。 特に、未来の日本を背負う若者達にとっては。 語学の学習は若ければ若い程良い。 若い程、苦労せず習得する事が出来るからだ。 これは人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more