テーマ:生活

【免許返納特典】 北海道は手厚くして欲しいなぁ

八十歳を過ぎた年寄りが、九十歳を過ぎても 自動車を運転している仲間に対して、 すごいねーと尊敬の眼差しを送る。 年寄りの運転事故が世に取りざたされている のに、全く意に介さない。 免許返納は考えていないと言う。 その理由を聞くと、 「だって、歩いて転ぶと危険じゃない」 そうか冬道は滑るしね。 これからは自動…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

【置き勉とは?】 文科省の変な通知

私がウィンドウズマシンを手に入れた頃、 娘は小学校低学年だったが、 このPCのソフトを授業に活用すれば、 努力せずとも楽しんで成績が上がるし、 教師の作業の負担も軽減すると直感し、 これからの学校教育は変わるぞと、 わくわくしたのを思い出す。 しかしそれから二十年経っても、何も 変わっていない。 妻によ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

【叱らない教育と褒めない教育】 のススメ3

では「褒めない」とすればどう教育すれば 良いか。 私がお勧めするのは「喜ぶ教育」である。 良い行動をした時、悪い行動をしなかった時、 さりげなく喜びを表そう。 「うれしい」「ありがとう」と言おう。 子供は親の喜ぶ顔を見るのが好きだ。 子供は親を喜ばす事が好きだ。 それは更に時を経て、親だけにとどまらず、 人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【叱らない教育と褒めない教育】 のススメ1

子供を叱ってはいけないと言うと、では 褒めればいいのですねと言われる。 褒めておだてて、親の望み通りに子供を コントロールするテクニック。 これは所謂「褒め殺し」と言って良い。 それは子供の自主性を殺す、個性の殺戮だ。 「自主性」とは、敢えて言う必要もないが 「自分の行動を自分で決める能力」である。 子供に良い行…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【老人の取扱説明書】 年寄り笑うな行く道じゃあ

新聞広告で「老人の取扱説明書」という本が ある事を知った。 老人の困った問題行動も、それなりの理由が 有るので、それを理解する事により、適切な 対処が出来るとの事。 それにより老人に対してイライラする事も減 り、優しくなれるらしい。 考えて見れば、子供が生まれた時、古今東西 の育児書を読み漁り、大いに勉強した。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【梅桃桜】 区別がつかん

ゴールデンウイークは北海道の花見の季節。 梅、桃、桜が一斉に花開く。 染井吉野には及ばないが、千島桜なんか いいんでないかい? まだ山肌は雪で白く、平野も雪捨て場だった 所には掻き氷状の雪が残っている。 かつて道南函館でも夜桜に凍えた事を思い出 す。 北海道は雪との付き合いが半年も続く。 ウィンタースポーツ好き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【YouTubeで筋膜リリース】 寒い冬もこれで快適

最近布団の中でYouTubeを楽しんでいる。 就寝前と目覚めた時に、枕元のPCを開き、 布団の中でうつ伏せになり、肘を付き、両の 掌を頸部に当て、 頸筋のリリースと、頸骨の調整を仕乍ら… 頸部の骨と筋肉は、ピシピシッ、ポキポキッ と音を立てながら調整され、 その調整の範囲は背中、脇腹、腰へと徐々に 拡がって行く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【O歳からの受験英単語】 バイリンガルの危険性

英語が世界共通言語である事を否定出来ない 時代になってしまった。 いやがおうにもこれからの若者は英語を使い こなさなければ不自由する。 技術の発展により世の中のグローバル化は進 み、狭い日本の中で言語的鎖国状態でいる事 はもう出来ない。 頑に外国語の早期教育を拒んでいた文科省も 遂に白旗を上げた。 昔は努力して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【北海道命名150年】 松浦武四郎とアイヌ民族

三十年振りに北海道に戻ってみると、毎日の 様に新聞やテレビでアイヌ民族のニュースを 目にする。 天は私を北海道に呼び寄せ、アイヌ問題を やれと言っているのかと思った。 しかしそうではないようだ。東京に居た時は 全く目にしなかったアイヌという言葉はこち らでは普通に溢れている。 逆に北海道でこれほどポピュラーな民族…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【手稲山初冠雪】 北海道、大自然の中で

札幌手稲山に雪が積もった。 もう北海道には冬が忍び寄る。 厚着をする為、腰のゴムが何重にもなり痛い。 体に負担が掛かって、健康によくないなぁと呟く。 「衣替え」という言葉が有る事を思い出した。 東京に居る時は聞き流していたが、こちらでは そうはいかない。 暖房費は当然だが、衣料費も嵩む。 北の大地の自然は厳しい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【気とは何か】 科学的に解明しよう

人に親切にした時、胸に温かい物が流れる。 音楽を聞いて感動し、鳥肌が立つ。 事に当たって体が震える武者震い。 素敵な異性に一目惚れして、体に電気が走る。 これらが「気」である。誰でもいつも感じている。 これらは感覚神経の働き。生理学的な物である。 しかし、いにしえの賢人達は言う。全てが気で 出来ていると。 そうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【目標と目的】 願望実現の為に必要な事

大きな願いを持つと、自ずと小さな物は達成される。 と聞く事があるが、表現が良くない。乱暴だ。 大きい小さいではなく、遠い近いに直すと良い。 つまり、 遠い願いを描くと、その途上に有る近い願いが叶う。 願望達成の為の「目標」と「目的」の関係。 目的を達成する為に設定するものが目標であるから、 目的は最終目標と表現しても良…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【学歴と肩書】 大きな仕事をする為には

今やもう既に学歴や肩書の時代では無い、 実力の時代だと思っていた若かりし頃、 社会を知らぬ理想主義だと、今にして 思い知る。 上に行こうという気が有るなら、 学歴を手に入れて、エスカレータに乗ろう。 敢て文明の利器を使わず、階段で昇ると 意気巻くのは、 やはりそれは無駄な努力、時間の無駄、 徒労である。 今の時代…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【引き寄せ】 シンクロニシティ

シンクロニシティ(共時性)とは「偶然では 無い偶然の一致」である。 座間市から川崎市へ移転してから、まだ一年 に満たないのだが、今度は北海道は札幌に 移転する事になりそうだ。 レイキに出会ってから、目まぐるしく環境が 変化する。 あと一年はこちら東京で整体の勉強を重ねた かったのだが、まあまあ目途が着いたので 予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【息抜き】 ピカチュウの巣発見!

どうも私の整体院の側の公園がビカチュウの 巣になっているようだ。 一時間に一回ピカチュウが出現する。 手が空いていれば採りに行っている内、今や 40匹を超えてしまった。 一時間に一回ポケモン採集に出掛けるのでは 仕事に支障が出るので、 そろそろ引き際を考えねば。 ピカチュウを強化させた後に進化させて、 最強のラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【自我と真我】 右脳と左脳の軋轢

「わたしは何者か」と自分自身に問うた時、 「あなたは左脳の言語野の活動である」という 答えが返って来た。 確かに「意識」イコール「わたし」とすれば それが正しいのだろう。 しかし「わたし」は左脳だけではない。 右脳を含む神経系は「無意識」のわたしである。 ヒトは左脳に言語を獲得した。その為、 文字を発明し、道具を使い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【輪廻転生】 前世、来世、今生

前世が高貴な人であったとしても関係無い。 また、来世にいい暮らしをしたいと、今生で 善行を積むのも意味が無い。 前世は前にやったゲームであり、今生は今 やっているゲーム。 このゲームをクリア出来なければ、次の ゲームを物色する。それが来世。 今やっているゲームはちょっと難しかった ので、次は、簡単なのにしよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【閲覧注意】 東日本大震災被害者はご遠慮下さい

朝まで生テレビで原子力発電所の要否を論じ ていた。 あの悍ましい事故から六年目に突入した。 あの日の事は生涯忘れる事は出来ない。 何故にこの日に原発推進派がテレビに出て 堂々とその意見を発言するのか理解に苦しむ。 原発がなかったなら、復興がこんなに長引く 事はなかった。 まだ現在の技術では、人類は原子力を操る事 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【陽春】

空を眺めると、空全体から地上の全て物に 対してエネルギーが降り注がれているのが 見えると気が付いた。 もちろん太陽光線というエネルギーが地上に 降り注いでいるのだが、 今まで感じていた太陽エネルギーとは違う 幸福感をもたらす何かが地上全体に降り注が れている。 春の陽気のせいで感受性が増したか。 周りの空気は常に私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【偶然の一致】 明日3/9は日食10~12時

夢の中で夢と気付くと夢をコントロール出来る。 同様に、現実世界でもそれが仮想空間だと気付 けば、この世界をコントロールする事が出来る。 荘子の「胡蝶の夢」の逸話は、夢の世界と 起きている時の世界のどちらが現実かの証明は 容易では無い事を示唆し、 我々の現実世界が実は現実ではないかもしれ ないという仮説を暗示している…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【人生というゲーム】 MX4DGAME

現世は映し世、バーチャルリアリティの世界。 我々の本体は実在界に有り、万能にして、 永遠の命を持つ「存在」であるという。 この世は実在の世界の投影された仮の世界 だと偉人達は言う。 それを受けて私は次の様に推測する。 永遠の「存在」がそこに在ったが、他には 何も無く、ただ、静寂のみがあった時、 長い長い、ながーい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【安眠枕】 よく眠れる枕は?

枕が変わると眠れない。枕の高さが気に食わ ないという人がいるが、 どの様な枕が良いかは人夫々であろう。 古くは、洋の東西を問わず、高い枕が好まれ ていた様だが、 高い枕は、横向きに寝る為のものであったの ではないかと思う。 仰向けに寝る場合に枕を使うと、首が不自然 に曲げられてしまい、 これが肩凝り等の原因になって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【意識と知覚】 意識と体の状態

合気道の上達の為、瞑想を習い始めたのだが、 両者の共通点は、「意識」と「知覚」であっ た。 意識の状態が知覚を開き、肉体を健全化させ る。 健全化された肉体は雑音を発する事が無くな る為、より知覚が微細になる。 「青木さん最近変わったね」と合気の師から 声を掛けられた。 私は特に変わったつもりは無かったので、 気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【聖書と古代エジプト史】 エクソダスはいつだったか

古代エジプトの王名表から削除された ファラオ達がいたのだが、 数々の遺物から彼らの名前が分っている。 その名はアクエンアテン、その息子の スメンクカーラー、その弟の ツタンカーメン、そして彼らを殺して ファラオとなった王族の血を引かない 平民からの成り上がり者、アイの四人だ。 彼らはエジプトの秩序を乱し、国力を …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【アトランティス伝説】 神になった人々

アトランティス伝説それは、古代ギリシャの 哲学者プラトンがその著作に書き残していた 伝説である。 非常に高度な文明を持つ人々が大西洋に浮か ぶ大陸に住んでいたが、 一夜にして海中に沈んでしまったという。 その伝説を事実に基づくものとして、 それを地中海のサントリーニ島噴火に比定す る説も有るが、 サントリー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

【キリスト降臨】 閲覧注意!敬謙なる信仰をお持ちの方はご遠慮下さい

クリスマスが終わった12/26朝、 録画していたNHKのTV番組 「新・映像の世紀」を見ていた時に想った事。 前回の「映像の世紀」の放送は1995年だ というから、何時の間にか、あれからもう 二十年も経ってしまったのかと、もの悲しい その音楽を聞きながら感傷に浸る。 http://bit.ly/1YFueJk ク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【瞑想】 睡眠では得られない深い休息

レイキにより、エネルギーに満ち溢れ、あら ゆる不安がなくなって、全てが思い通りに なるという根拠のない自身が付いた為、 目の前に現れたものを全て受け入れ、事業を 拡大した為、非常に忙しくなってしまった。 やらなければならない事が山積みになり、 どれから片付けようかと考えるだけで時間を 浪費する有様であった。 その…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【やっと稲刈り】 今年も稲刈りが進化

10月末日土曜日、雨が今にも降り出しそう な寒空の中、 娘と二人で遅い稲刈りの為、田圃へ向かった。 小鳥好きの娘は、烏骨鶏のヒナに会える事を とても楽しみにしていた。 白いヒヨコの頭のフサフサ、子供ながらに 大人並みのフサフサが癒し系である。でも、 孵化から一週間が過ぎているので、可愛力が 減少し、生意気盛りにな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

【稔りの秋】 果報は寝て待つ

10/12、稲穂が花咲いて以来からなので、 ひと月ぶりに田圃に訪れた。 前回ヒエ退治を行って以来なので、どれだけ 雑草が生い茂っているか恐々ながら自転車を 漕いで稲田に着いた。 既に隣近所の田は殆んどが稲刈りが完了し、 辺りはすっかり「秋」というさわやかな 空気が満ち溢れていた。 ひと月全く放ったらかしにしてたの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【超越瞑想】 七つの意識状態

今更ながら「超越瞑想」を習う事にした。 何故、今更ながらかというと、 若い頃図書館に行くと「超越瞑想」という 分厚い本が目に留まっていたのだが、興味が 湧かず、手に取って開く事も無かったのだ。 それが三十年以上経った今、学ぼう等とは 思いもしなかった。 動機は超越瞑想の体験談だった。 そこに書かれている瞑想後の意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more